2005年07月05日

あふれてゆくのはこの気持ち 「あまえないでよっ!!」放映開始

 いよいよアニメ「あまえないでよっ!!」が放映開始。
 以前にも当Blogで取り上げた通り、当方のソウルブラザー、上江洲誠氏がシリーズ構成として参加している作品です。
 よって、こちらでもガンガンと応援と宣伝をぶちかまして行きたい所存。
 
 で、さっそく始まった第1話「覚醒(い)かせないでよっ!!」を鑑賞。
 原作の1話と2話を組み合わせ、主人公たちの簡単な説明と、基本的な物語のお約束を提示するお話。まずは無難な滑り出し。
 とりあえず「これはお気楽なお色気ラブコメなので、肩の力を抜いて楽しんでくださいな」という視聴者に対するエクスキューズも兼ねたスタートでんな。
    
 1話の作画監督であり、キャラクターデザインも手がけられた堀井久美さんは、今回も実に素晴らしい仕事っぷりで大変に眼福。
 ふにふにとした柔らかで肉感的な描線が原作の良さの1つだと思いますが、それをちゃんとアニメの描画へと換骨奪胎されています。お見事!
 ただし、このキャラクターデザインのバランスは絶妙なだけに、大変模倣しにくそう。今後作画的にあまり大崩れしなければいいなぁ、てな老婆心もちらほら。

 声優陣もよくキャラクターに馴染んでいて好印象。
 特に主人公・里中逸剛役の鈴木千尋氏は、3枚目な主人公をいきいきと演技されていて素晴しい。
 女性陣だと為我井陽役の新谷良子さんが珍しく無口で毒舌系のキャラクターを演じられてます。けっこう新境地なのではないでしょうか?
 あと河原浄徳役が杉山佳寿子さんで「(Dr.スランプの)茜ちんの人だー!」と変に興奮していたのは当方だけですか、そうですか。いや、ハイジとかコロ助よりも、世代的にはそちらの方が何かと思い出深いもので。
 あと、思わせぶりな謎の男の声を柴田秀勝氏があててましたな。
 妙なところで贅沢なキャスティングだ!

 路線としてはどうやら同スタッフによる前作「ゆめりあ」と同じく、ネタと勢いで突っ走れ! ってな制作方針のようで。
 この先、どこまでハジけられるかが勝負と見た!


posted by dynamite at 22:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 爆弾パンチ郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。