2006年05月18日

ファミコン版「Pumpkin Scissors(パンプキン・シザーズ)」

 TVアニメ化も決定し、最新単行本5巻の発売も来月に控え、ますます盛り上がる「パンプキン・シザーズ」!

 今日はなんとその幻のファミコンゲーム版を大紹介!
 非常にマイナーなゲームだった為、今までその存在を知らずに過ごして来たファンも多いことでしょう。
 今回、幸いにも近所の某ゲーム店で82円という泣ける値段で投げ売りされていたものを無事確保することに成功!
 かつてその異常な難易度に泣きながらロムカセットを叩き割るファミっ子が続出したという、このゲーム。
 今となっては貴重な、そのゲーム画面の数々を特とご覧あれ!




 シンプルなタイトル画面。
 プレイヤーはまず最初にオーランド伍長かアリス少尉のどちらかを自機として選択し、過酷な戦場に挑む。




 当時としては非常に珍しいステージデモ。
 微妙なドット絵で描かれた伍長とアリス少尉が実にナニ。




 ゲーム本編は縦スクロールのアクションゲーム。
 ガニ股でヒョコヒョコと横移動するアリス少尉がステキ。
 なお、伍長は戦車を一撃で破壊できるドアノッカー貫通弾を発射できるかわりに連射&移動速度が遅く、アリス少尉は戦車を10回攻撃しないと破壊できないかわり、攻撃&移動速度が伍長の2倍という特徴あり。
 ちなみに画面の敵は「第1の大剣(クレイモア・ワン)」隊員。
 残念ながら副長氏はゲームに登場せず。




 伍長対戦車戦。
 なお、伍長は赤い敵を倒すとまれに落としていく蒼いランタンを3つ取ることで、一定時間無敵の「901ATTモード」が発動!
 アリス少尉の場合は隊章3つで双剣メーネ&脚甲装備の「切り裂きし者Lモード」が発動だ!




 ゲームクリアの果てに拝める幻のエンディング。
 発売当時でもこの画面を拝めた者は少ないであろう、まさにレア中のレアシーン。
 ステッキン曹長とマーキュリー号が画面中央を延々と走る中、スタッフロールが次々と流れていく。
 ちなみに何故かカラオケ機能付き。




 更にこのゲーム、なんとMSXにも移植されていた!




 さすがにこちらはファミコン版と比べると色々と貧弱。
 でもこの色数の少ないスプライトで構成された画面がなんともノスタルジー。

 さて最後に。
 この記事はアニメ化&5巻発売間近を記念して勢いで作ったネタ記事です。
 つまり一から十まで真っ赤な嘘!
 これらのゲームはこの世のどこにも存在しないので、早まって講談社などに問い合わせ等したりしないよう、くれぐれもよろしくお願いいたします。
 剣呑、剣呑。


posted by dynamite at 21:56| Comment(7) | TrackBack(1) | 爆弾パンチ郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。