2007年05月18日

「Pumpkin Scissors(パンプキン・シザーズ)」第7巻発売!


pumpkin scissors #7.jpg
 愛読者諸氏が待ちに待ってた最新巻、ついに発売開始であります。
 というか帯に書かれていたのですが、すでにシリーズ累計120万部を突破してたのか! スゲエ!
 やはりアニメ化&月刊連載の効果たるや、恐るべし。

 今巻では、現在も月刊少年マガジン誌上で連載中の長編「カルッセル編」がスタート。
 陸情2課のエリート諜報員、「冷淡なヴィッター(コールド・ヴィッター)」ことヴィッター少尉と、彼にとっての「運命の女」であるフラウス・フランシア伍長の関係を主軸に、国境の街カルッセルで繰り広げられる静かなる諜報戦。
 街を牛耳る「国境警備隊」と「装甲列車」、そして見えざる「何か」に怯え続ける住人達。
 回転木馬の名を冠する街に蠢く不穏な陰謀に、アリス少尉とオーランド伍長はどう立ち向かうのか?
 第20話「Cold Ruler」から第24話「廻る街(2)」までをずずずいっと収録。

 そして毎度恒例のお楽しみ、インターバルは、今回も怒涛の17ページ超!
 中でも特筆すべきは、帝国一のほのぼの夫婦、ラーヴィンス家に仕える特命メイド、ロザリィ嬢の縦横無尽な大活躍(主にマムシ殺し)だ!
 つーか、なんだその愛らしいやり取りは! 
 貴様、俺の海兵隊を(性的な意味合いにおいて)どうするつもりだ!
 今回は特に本編が陰鬱で殺伐とした内容が続いていた為、このコメディーパートが殊更に際立っている印象がありました。
 とかく必見であります。

 また今巻は本編への加筆修正も半端なく、ああ本当に身を削って描いているのだなあ、としみじみ。
 くれぐれも身体には気をつけて、その熱筆を揮い続けてほしいところ。


posted by dynamite at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 爆弾パンチ郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。