2004年08月14日

「キュプテン・フューチャー」全集、刊行開始!

エドモンド・ハミルトンの代表作にしてスペース・オペラの金字塔、あの「キャプテン・フューチャー」シリーズが、創元SF文庫より全11巻にて復活!
しかも今回は、全20作の長編はいうに及ばす、単行本初収録となる短編集や、原書に併載されていた解説コラム「インサイド・キャプテン・フューチャー」までバッチリ収録された完全決定版!

翻訳担当はもちろんこの人、日本におけるスペース・オペラの第一人者、野田昌宏宇宙軍大元帥。
しかもカバーイラストを担当するのは、あの鶴田謙二だってんだから、さぁ、お立会い!ベンベン!

創元SF文庫ではこのところ「火星」シリーズ「レンズマン」シリーズの復刻が相次いでいた為、ついに来るべくして来たとの感あり。しかも日本ではなかなか通しで読めなかった「キャプテン・フューチャー」シリーズなだけに、その感慨もひとしおであります。

待望の第1巻「恐怖の宇宙帝王/暗黒星大接近!」は8月27日発売。
フューチャーメンに、また逢える!

参考リンク:東京創元社【ハミルトンの<キャプテン・フューチャー>が創元SF文庫から甦る!】


posted by dynamite at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 爆弾パンチ郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。