2004年10月31日

All Hallows' Eve


200410310882f44f.JPG「Trick or Treat!(お菓子か、悪戯か!)」
というわけで、本日10月31日は”万聖節”前夜祭ことハロウィンの日。
記念に「Pumpkin Scissors(パンプキン・シザーズ)」のアリス少尉のイラストをば。
作者本人も投稿しているBlogで恐れを知らぬこの暴挙! 厚顔無恥にもほどがあるよネ!
堪忍な、亮太郎。

さて、このハロウィン、もとはケルトの祝祭を取り入れたキリスト教の行事で、日本でいうお盆みたいなもの。そもそもは秋の収穫を感謝し、亡くなった故人を想い偲ぶためのお祭りだったそうです。
昨今ではオバケの扮装をした子供がお菓子をもらい歩くイベントとして、日本でも認知されとりますやね。

ハロウィンには祖霊はおろか、あらゆる悪霊・悪魔の類もこの世に顕現するとされてます。
そこで信心深いキリスト教徒の家庭では大切な子供たちにお化けの扮装を施し、悪霊や悪魔たちの目を欺くことで我が子をそれらの災厄から守ろうとしました。
これに古いクリスチャンの風習であった近隣にソウルケーキをもらい歩く行事が合体し、今日のハロウィンの形態へと至ったのだとか。
今では宗教的な意義もすっかり薄れ、オバケのコスプレとお菓子をもらい歩くお祭り騒ぎとして広く親しまれているそうで。

当方がこの行事を初めて知ったのはたしかスティーブン・スピルバーグ監督の「E.T.」あたりがきっかけだったはず。思えば、あの主人公一家は兄弟で「ダンジョンズ&ドラゴンズ」に興じる場面があったりして、何かとうらやましかったな、当時は。
まあその後、ジョン・カーペンター監督の「ハロウィン」や「ハロウィンU(邦題:ブギーマン)」で、ちょっとした幼児期のトラウマにもなってしまったりするわけですが。


posted by dynamite at 21:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 爆弾パンチ郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
く、やってくれるじゃないか!
ページを開いた瞬間、後ろ頭にズンときたよっ
(ついでに「挫けそうな時開け」フォルダに保存させてもらった)

・・・それで、だな。なんで滑降中ですか?
よもや太ももを見せるためだけに・・・

パンチ郎・・・なんて恐ろしい奴・・・
これからも是非震えあがらせてください
Posted by 岩永亮太郎 at 2004年11月02日 03:48
そのカボチャから出てる光はもしかして(ガクブル
Posted by なべさん at 2004年11月05日 00:56
元々はカブのランタンだったんですが、
メリケンでは、カボチャの方が仰山取れるから、
カボチャの提灯でエエやんって事で、今に至るそうな。

ま、頭がカボチャのお化けだから、キャラとして立っているわけで、カブのままだったら、「おろカブ」になってしまいますなぁ。
Posted by 南京 at 2004年11月06日 01:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。