2005年07月16日

「あまえないでよっ!!」/第2話「夜遊(あそ)ばないでよっ!!」

 年相応の華やいだ息抜きを知らない自分に負い目を感じた千歳が、逸剛と共に夜遊びという「ささやかな冒険」を共有することにより、彼との距離を少しだけ縮めるというお話。
 
 予備知識なしで初回を観た人は、十中八九この作品のフォーマットを「悪霊大暴れ」→「ヒロイン脱ぐ」→「逸剛覚醒」→「悪霊昇天」→「暴走した逸剛をヒロインが迎撃」の繰り返し構成だろうと思ったことでしょうが、いきなり2話から逸剛の覚醒はなしで、パターン破りもいいところ。
 むしろお色気とギャグもそこそこに、千歳のメインヒロインとしての立ち位置の確立と、主人公・逸剛との関係性の強化にかかってます。

 原作もお色気要素を除けば実は「千歳と逸剛の恋物語」としての側面が大きい為、こういった過剰なお色気演出のみに頼らない作劇姿勢は物語展開にメリハリをつける為にもけっこう重要ですやね。

 主人公の逸剛くんは年相応にスケベで遊びたい盛りな若者ですが、決めるべきときにはキチンと決める男でもあるので、鈴木千尋氏はまさに適任。特に3枚目演技と2枚目演技の切り替えにまったく嫌味がないのがナイスだな、と。

 女性陣だと阿刀田結子役の樋口智恵子さんなんかが、実に配役にハマってて耳に楽しい。この方の場合、役に自分を合わせるというよりは、むしろ役の方を自分に引き寄せてしまうような印象がありますやね。今回の役もまたしかり。

 ああ、あとメガネ様こと為我井さくら役の寺田はるひさんが当方の大好きな「ボンバーマンジェッターズ」でルーイ役を演じられていた方だということについ最近気が付きました。スゲエ! 全然気付かなかったヨ!


posted by dynamite at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 爆弾パンチ郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。