2006年06月22日

マガジンGREAT7月号 雑感


great2006_07.jpg

 今月のマガジンGREATの表紙は「Pumpkin Scissors(パンプキン・シザーズ)」!
 しかもアリス少尉たちの肌もあらわな水着姿だー!

 岩永先生曰く、「夏の号だからな、もちろん世界観なんか無視して水着だぜ!」との力強いお言葉。
 そうだよな! そんなの、わざわざ説明するまでもなく自明の理だよな!
 これだから物のわかった人間は話が早くて助かるぜ!


■Pumpkin Scissors/第17話「恐慌きざみし狂爪(Scare-claw)」

 で、まぁかようにポップでキュートな表紙とは裏腹に、本編そのものは血生臭いジェノサイドの嵐(しかもアリス少尉たちは登場せず)なのだから、こいつはJAROに訴えられてもやむを得んジャロといったところで。

 てなわけで、冷酷非情な帝国の守護法剣にして国家の番犬、帝国陸軍情報部第1課強襲制圧部隊「第1の大剣」(クレイモア・ワン)の見事な”仕事”ぶりが全編に渡って炸裂する番外編、その後編であります。

 まずはいきなり1課の部隊長連中が揃い踏み。
 とりあえず「第2の曲剣」(ダブル・ショーテル)隊長のラインベルカ大尉がごっつい眼鏡美人だったので、見た瞬間、やったぜ畜生! と心がファンフーレを奏でやがりました。しかもフルオーケストラで。
 この眼鏡ビューティーの部下があの鳥肌実……もといマーヴィン分隊長なのか!
 ひょっとして眼鏡っコ精鋭部隊なんじゃあるまいな、「第2の曲剣」

 で、まあ文字通り粛々と実行される、国家権力による見せしめの為の粛清。
 それは人質の安否などまるで問わない、情け無用の暴力。
 3課とは決して相容れない存在ではありますが、彼らもまた、確かに国家を守護する為に存在する必要悪なわけで。
 今後、どう3課の戦災復興と絡んでくるのか、注目したいところ。

 それはそうとスナブノーズ大尉、完全銃武装した相手に徒手空拳かよ!
 わざと目立つ色違いの隊長服も、己が身を敢えて囮にする為のものだったとは。
 どんだけ男前なんだ、あの近藤勇顔。

 あと僕らの間男こと副長氏(結局、今話でも本名不明)も、新調ナイフ二刀流で行くところまさに屍山血河。
 フランシスカ曰く、その本質が「狂犬」とあっては、普通の女性がついて行くにはあまりにも血生臭すぎるわけで……いやはや、ハードボイルドでんな。

 最後はすべての収まるべきものが収まるべき場所に収まっての幕引き。
 つーか私服のフランシスカ、超可愛いな、オイ!

 あと今話におけるホースト侯爵のハジケリストっぷりは下衆の極みで最高だと思いました。
 なんだあのハッスルじいさん。

■ソードゲイル/第5話

 ボレアス伯爵であるルコント・バリーの娘、セリア登場。
 これがもう、期待通りの絵に描いたようなじゃじゃ馬娘。
 よーしよし、そうこなくては!
 「じゃじゃ馬ならし」は、かのシェークスピアも題材にした由緒正しい古典芸能の一つなんだぜ!
 
 そして何気に描写されるボレアス城篭城戦における敵味方の諸条件。
 ミステリー小説で犯人を推理するに至る手がかりが描写されるのと同じく、よくできた戦記小説を思わせる丁寧な描写であります。
 今後の合戦描写への期待が膨らみますやな。

 フレイの師、アストレイによって語られる、フレイの悲しい幼少時代と、その天賦の才ゆえに幼くして人を殺めてしまった壮絶な過去。
 その不幸な生い立ちにも関わらず、決して清廉な気性を失わなかったのは、生まれ持った英雄の資質なのか、はたまたその幼い心を支えてくれた強い何かがあったからなのか?
 今後の描写が気になるところであります。


posted by dynamite at 00:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 爆弾パンチ郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めての書き込みが、過去エントリで申し訳ないです。

今日発売の六巻で、初めてこの17話を読みました。
水道局事件の話から、「大剣」どもにはムカついてたのですが、
この話で、その思いが新たになったと言うか。

「恐れられるのも、その恨みを一人で受け止めるのも結構だけど、
あんたの振りかざすゲンコツじゃ、まるで説得力が無いんだよな、
わかってんのか、このクソ隊長。

「今のやり方を捨てろとは言わん。
ただ、いつの日かその暴虐の落とし前を必ず付けてくれ。
それも、隊員全員でだ。
そうしてもらわないと、見てて遣り切れないだけだ」

……マジな話、彼等のおかげで、この作品を観るのが少しだけ苦痛です。
決して嫌いな作品じゃないのに。
Posted by 剣のサビ at 2006年12月15日 19:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。