2007年03月17日

ダニー・トレホ兄貴の総身に漲る漫画ゴラク度は異常

 もうすぐ全米で公開予定の「GRIND HOUSE」って映画があるんですが、これがロバート・ロドリゲス監督の撮ったゾンビ映画「PLANET TERROR」とクエンティン・タランティーノ監督の撮ったスラッシャー映画「DEATH PROOF」をわざわざ二本立て同時上映するという、またもや70〜80年代エクスプロイテーション・フィルムへのオマージュたっぷりのたまらん企画でして。

■Tarantino/Rodriguez's GRINDHOUSE full theatrical trailer!


 で、この監督2人、図抜けてマニアックな作風で有名な悪ノリ全開コンビなんで、劇場公開の予告編にもわざわざありもしない偽映画の予告編まで作って混ぜたりする始末。

 この最新予告編の冒頭の方に出てくるごっつい山鉈(マチェット)片手にガトリング砲付きバイク(シビれるぜ、その永井豪センス!)に跨るワイルドな豪傑、その名も「Machete」さんは当然のように本編には登場しないということが判明して以来、ダニー・トレホ大好きっ子の当方としては滂沱の涙で枕を濡らしておったわけですが、やっぱりこのキャラ、よっぽど捨て難かったのかして、これとは別にビデオスルー作品として本編撮るかもしんないってな企画があがってるそうで。
 実現すれば、なんともドリーミー・ドリーマーなお話。

 あとこの「GRIND HOUSE」、どうやら偽予告編コンペティションみたいなプロモーション企画もあったみたいで、ネット上で調べているうちにその優勝作品含む優秀作3作を発見したので、以下にご紹介。

 あ、ちなみにどれも思いっきりグロ描写満載作品ばかりなので、そういうのが苦手な方はご注意を。

■THE DEAD WON'T DIE


 どうやらゴアゴアな内容のゾンビものらしいことくらいまではわかるんですが、結局どんな話なのかはさっぱりわからーん!
 特にトップレスでゾンビに向かって二丁拳銃乱射してるアバズレ姉さんは何事?!

■HOBO WITH A SHOTGUN


 件のコンペの優勝作。
 正義の浮浪者がショットガン片手に街の悪党どもを処刑する!
 悪逆非道な強盗どもはおろか、か弱い娼婦に暴力を振るう悪徳警官も、いたいけな子供を狙うロリコン野郎も問答無用でぶっ殺すゼ!
 Yes,I do! 俺が正義だ!
 ちょっと頭の足りないポール・カージー(「狼よさらば」の主人公)みたいな主人公がたまらなく素敵。
 あといちいち入るおっさん声のタイトルコール最高。

■MAIDEN OF DEATH


 悪党に惨殺されたロックバンドの女性ギタリストが、悪魔(?)と契約して現世に復活。
 斧刃付きエレキギター片手に行くところまさに屍山血河、地獄の復讐行が始まる!
 エレキギターで車を一刀両断するシーンからラストシーンまでの流れが大変に美しくてイカス。


posted by dynamite at 23:32| Comment(2) | TrackBack(1) | 爆弾パンチ郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>THE DEAD WON'T DIE
エクスプロイテ−ション映画の中には「ザ・ダーク」「ドラキュラ対フランケンシュタイン」等のように諸事情で追加撮影を続けるうちに話が支離滅裂になってしまった作品があります。偽予告編「THE DEAD WON'T DIE」がどんな話のなのかさっぱりわからないのはそういう映画をおちょっくっているように思えます。
僕はチャールズ・マンソンをモチーフにカルト集団が田舎の人を虐殺する映画を作ったらつまらなくて配給がつかないので、追加撮影でソンビを付け足したらムチャクチャな予告編になったという妄想をしましたよ。

>HOBO WITH A SHOTGUN
これ70〜80年代のテレビ東京で放映されていそうな映画ですよね、「さすらいのエクスターミネーター」という邦題で(笑)。YOUTUBEで偽予告編大会の作品を見ましたが、「HOBO WITH A SHOTGUN」が一番面白かった。
Posted by 特命 at 2007年04月30日 20:28
■特命さん

 うわお、せっかく当記事へコメントしていただいていたのに、返事が遅れてしまいました。
 平にご容赦を!

 というわけで、「THE DEAD WON'T DIE」に対する見解については、「あー、なるほどー!」と大いに納得するやら、感心するやら。
 確かにそう解釈すると、ものごっつい納得の出来ですね!
 あと、この「チャールズ・マンソンをモチーフにカルト集団が田舎の人を虐殺する映画を作ったらつまらなくて配給がつかないので、追加撮影でソンビを付け足したらムチャクチャな予告編になった」というメチャクチャありえそうな推察に爆笑。

 そして特命さんの考えたその「HOBO WITH A SHOTGUN」の邦題は、確かに「アフタヌーンシアター」辺りで採用されそうでステキだ。
 油断してると「妖女ゴーゴン」とか平気で放映したりしますかんね、あの時間帯。
Posted by 爆弾パンチ郎 at 2007年05月08日 00:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

TARANTINO といえば
Excerpt: こんなのもありますね。
Weblog: TARANTINO?
Tracked: 2007-06-10 00:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。