2009年07月07日

月刊マガジン8月号発売!と巨匠病の話

今月・来月は諸般の事情でページ数が少ないです。
特に来月は「岩永大丈夫か!?」と言われそうなページ数です。
唐沢なをき先生の「まんが極道」を読みまして
3巻に出てくる『巨匠病』というのが実に、こう、
胸にチクリチクリ、どころかグサリと刺さり
(ああ・・・まさに自分はこんな感じかも)と恥じ入ることしきりでした。

私の言葉では正確にお伝え出来ないかも知れませんが
巨匠病というのは
作品性を追求する、といった言葉を盾に
自身の作業に対して見切りをつけない=手を動かさない
という悪癖を、「そのスタイルだけは巨匠」と風刺したものです。
(…やはり正確さに欠けると思いますので、
 詳しく知りたい方は単行本を…)

私の場合は『絵』で巨匠病です。
阿吽の頃から、周りの評価を含め
自分の絵が下手だという事実には確信があります。
しかし具体的にどこを直せば良いのかが自分では分からない、
「ここが変なのか?」と色々変えてみてもやはり結果は得られず
正直何をどう描けば良いのか、完全に分からない状態です。

―――と、いった状況を、まるで自分に課せられた苦難のように思い込み
「自分は描けない」とのたまうのが巨匠病、という訳です。

編集さんに聞いた所によれば、多くの作家さんが自分の絵には満足されていないようです。
私はてっきり、絵が上手い方は、御自身の絵に確かな自信があるからこそ、
それが線に出て安心して見られる絵になると思っていたのですが

上手いと言われる人達は、その上手い人達からの視点だからこそ見える
更に上を見て地団駄っを踏んでいる・・・のかも知れません。

そんな中で自分に見切りをつけて「今はこれが精一杯」と、現状に即した行動をするのが
プロの精神、というか社会人としての最低条件なのでしょう。

まぁ私の「自分は絵が下手」というのも腕立て10回だけして
こんなに筋トレしてるのに力がつかない!と言っている程度のものなのかも知れません。

そんな巨匠病の話でした。


posted by dynamite at 03:27| Comment(11) | TrackBack(0) | 岩永亮太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも、御久しぶりです。中々面白い感覚理論ですね、でも絵の上手い上手くないの感じ方は十人十色な所もあります。(私は個人的な感想ですが先生の絵は個性的でとても上手いと思います自信を持って下さい)それに今の自分に満足していないと言うのはまだまだ上手くなりたいと言う向上心の表れだと思います。向上心を保ちながら日々を生きるのは一言では言い切れないほど簡単な事ではないと思いますがそれでも頑張ってほしいと一人のファンとしてこれからも応援させて下さい。
Posted by Wカンプ at 2009年07月07日 11:49
ん〜・・・簡単には答えの出ない難しい問題のように感じますが、なんと言うか・・・・・結局は、自分に出来る事しか出来ないんですよねぇ・・・。
上を目指す事は大事だけれど、努力をすれば確実に効果が出る訳でも無く、そもそも、結果が出るまで努力だけをさせてくれる環境で生きられる事はそう有る筈もなく。
努力の途中だから、なんて言い訳は通用しなくて、容赦無く常に結果を求められるのが世の常で。

結局は、今の自分に出来る事を必死でやって、少しづつでも上を目指しながら足掻いて、ふと気付けば以前よりも上の位置にいた、と言うのが理想かなぁ…とか、そんな事を思ったりします。

・・・・・・・すいません、なんかまとまりの無いうえに偉そうな文章になってしまった気がします。

とりあえず一言。
自分は、先生の絵が凄く好きですよ。

では、これからも応援しています!
Posted by 猫震 at 2009年07月08日 02:29
>Wカンプさん
>猫震さん
貴重なご意見を頂きありがとうございます。
(現状の絵も好んで下さっているとの事、大変ありがたく思います)
日を置いて自分の文章を読み返すと、なんともお恥ずかしい事を書いてしまいました。
漫画家が自分は絵が下手です、と言ってしまうのは
ラーメン屋でお客さんが食べ終えた後、そのお客さんに対して
「あんたが食ったそのラーメン、失敗作なんだよ・・・」って
言ってしまうようなものなのかも知れません。

食べた方、読まれた方の感想に、製作者が「こんな風に感じて貰わないと」と
評価の上書きを強制するような横暴になりかねません。
大変失礼いたしました。
読者さんに感じて頂いた事や、
作中のアリスや伍長の頑張りに作者自身が泥を塗らないよう、頑張りたいと思います。

来月はページ数が少ないですが、再来月から元に戻る予定です。
その後単行本の予定ですので何とか1年に2冊のペースは守れるかな?
といった感じです。
それでは失礼いたします。
Posted by 岩永 at 2009年07月09日 02:34
はじめまして。
数年前からずっと無言のまま見ていたのですが興味をひかれまして…

岩永さんの絵は初めは見づらさを感じましたが、お話が面白い!と思ってからは気にならなくなり、いつの間にかすっきりな絵になっていたという感じでした。
これからもじわりじわりときれいになっていくのかなと変化が楽しみな感じです。

「ぐさりときた気持ち」はせっかくの機会なので大事にするのがいい…と思います。

これからも応援しております。
Posted by ヤマモト at 2009年07月19日 11:59
はじめまして、岩永先生。

私も、初めはあなたの絵が得意ではありませんでした。しかし、時と共に確実な進歩が見られますし、今は愛着が湧いてとても好きですよ。
漫画というジャンルを選んだ以上は、どれくらいうまく絵が描けるかも当然、軽視してよい事柄ではありません。
でも、読者にどれだけその絵を気に入ってもらえるか、愛着を持ってもらえるか。それが一番大切なことではないでしょうか。

漫画は物語が良いだけではいけませんが、同じに、絵がうまいだけでも駄目でしょう。

「笑う大天使」などで知られる少女漫画家の川原泉さんは、どの作品のキャラクターも同じに見えるほど描き分けができていませんが、彼女の作品の世界観を表現するのに欠かせない、とても暖かい感じのする絵で、私は、これ以上はないと思っています。また「毎日かあさん」で知られる西原理恵さんは、そも漫画の描き方すら知らず漫画を描き始めたそうです。それでも、多くのファンを獲得されています。

つまり、物語と絵の互いの総合が求められることもそうですが、重要なのは、その作品にどのような絵が求められているか。だと思います。
その点で、岩永先生の絵はそれほど的をはずしていないと思います。
(貴族社会を描くには少々不適かもしれませんが)

纏まらないままつらつらと書いてしまいましたが、最後に一寸、ある実話を書き終わりにします。

ある、権威あるピアノコンクールの話です。
その年は、日本人からなかなかの弾き手が出場し、技術は大会出場選手中屈指といわれ、優勝も期待される位置にいたそうです。
しかし蓋を開ければ入賞すらできず、さらに優勝したのは技術のみで言えば予選落ち選手並み(もちろん本選出場選手の中ではダントツのビリでした)
しかし、彼はとても豊かな表現力で聴衆と審査員を虜にして優勝したのです。

・・・特に何か言おうという訳ではなく、参考にでもなればと思いました。
では。
Posted by マーボー at 2009年07月19日 19:44
初めてコメントさせていただきます。
9月号、覚悟はしていましたがやはり短い……ですが、
内容は詰まっててすごく先が楽しみです!
セッティエーム姫、待ってました!!

岩永先生の絵は、場面……というか臨場感というか、
芝居で「何を見せたいか」がストレートに伝わってくる
ステキな絵だと思います。感情やシーンの切り取り方が
すごく上手いと思ってます。
物語の伏線も「そうだったのか!」が毎回のエピソードごとに
あって(カルッセル編が終わった時にヴィッターの一連の
くだりで背中がゾクゾクしました)パズルがかっちり
組み合って1枚の絵になった時の嬉しさみたいなものを
感じてました。
(カルッセル編といえば、今でも読み返すと#33最後のページで
涙が出てきます。皆の感情がグッと揺れて変わる大きなポイント
だからでしょうね)

そんな伏線が多数絡まっているので表現はとても
難しいとは思うのですが、読ませていただく側としては
いつも至福(と言っては大げさかもしれませんが)を
感じています。これからの伍長や少尉、そしてまず
岩永先生のご活躍を期待します!!
お体には気をつけて、ムリしすぎない程度に
頑張ってくださいませ。
Posted by k at 2009年08月09日 01:02
他の方のコメントが優しいwww
阿吽のころから見てますが、私も岩永先生の絵は好きですよ。
毎月を楽しみにしてます、がんばって下さい。

 
Posted by 俎 at 2009年09月23日 23:47
数々のお言葉ありがとうございます。
自信を持ってご返事できれば良いのですが
やはり未熟者ゆえ、なかなかドンと構えた物言いが出来ず
まごついてしまいお恥ずかしい限りです。
読者の方々が期待してくださっている僥倖を損なわないよう
現状の持てる力で頑張りたいと思います。
Posted by 岩永 at 2009年10月05日 22:48
マニアも満足のエロ動画満載、抜きたくなったらチャットで約束、サックと中出し出来る相手を簡単get出来るサイトですhttp://www.js-place.com/
Posted by エロ動画 at 2009年10月28日 15:12
一人で家出したんだけど助けてほしいです。もう親には頼れない…super-love.smile@docomo.ne.jp
Posted by 家出 at 2009年10月30日 17:55
岩永先生の絵は一巻のころから大好きです!
Posted by at 2020年04月30日 17:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。