2011年09月27日

『マガジン+』創刊と単行本の発売時期につきまして

大変大変ご無沙汰しております、岩永です。
マガジン本誌で公式発表がない事を
私的なブログで先に書いてしまうのはルール違反になると思うので
「読者さんが知らないスゴイ事!」みたいな情報等はあまり無いのですが…すみません。

前半は増刊誌の外伝の話、後半は単行本の発売時期の話です

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


本誌の告知で、既にご存知の方も多いと思いますが
来月20日に月刊マガジンの新増刊として
『マガジン+(プラス)』という雑誌が創刊されます。

その雑誌にありがたくも
パンプキンの外伝を掲載させて頂ける事になりました。



私自身の筆が非常に遅く、描きたいけれど描けなかった
この先も描く時間が無いだろうな…と諦めていたエピソードが何点かあったのですが
それを外伝という形で世に出す機会が貰えたというのは本当に嬉しい限りです。

そんな訳で外伝は、ネーム(絵入りの台本みたいなものです)や
メインキャラのデザインは私が行い
作画作業を皇月ノブ先生が行う事になります。




今現在、私は一人で作業しているのですが
皇月さんは以前、アシスタントに入って貰っていたことがあり
その初回、わずか1日2日の作業の為だけに
単行本を物凄く読み込んでから現場に来てくださる程、仕事に対して真面目な方で
今回も「岩永の所でアシスタントした経験があるから」というよりは
(実力は勿論のこと)
そういった真面目な部分が、長年継続して積み重ねた投稿・持ち込みなどで
編集部に評価されての人選であると思います(あくまで私見ですが)。


ともあれ、そういった完全に分かれた作業形態ですので
本誌発表にあった「完全監修」というのとはニュアンスが違うかも知れませんが
私自身「どういう形であがってくるんだろう」と楽しみにしている感じです。
楽しみというか、外伝のネーム作業に力を入れすぎて
本誌のページ数の方が少なくなってしまったくらいです。
……言い訳です、すみません。

発売は10月20日、宜しくお願いいたします。



※外伝のメインキャラ絵(と言うほどではあありませんが)を「続きを読む」の所に掲載しておきます。
 一切先入観を持たずに作品を楽しみたい読者さんもいらっしゃると思いますので
 そういった場合は10月20日以降に…といっても本当にキャラの立ち絵がポツンとあるだけで
 大仰なものではありませんが…。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

さて外伝の話はここまで、ここから単行本についての話ですが…

すみません、(出来るだけ注意を払って、書いているつもりではあるのですが)
本誌未読の単行本派の方にはちょっとネタバレ気味になってしまうかも知れませんので
先に結論だけ申し上げますと、15巻は12月以降、おそらく年末か年始になるのではないかと思われます。
そして逆に16巻はちょっと早めに出るかと。

以下、その理由ですが
ここからちょっとネタバレの恐れがある文章というか
本誌掲載分の内容に触れた説明になります。
gaiden 1.jpg


実は15巻と16巻の収録内容に関してですが
本誌掲載時とは違った順序で収録する予定です。

正確には「比較的」時間軸に沿った順序と言いますか、
『合同会議4日目』に起きた出来事を出来るだけその順序どおりに整理して収録し、分かりやすくする予定です。
現在本誌では、場所ごとに話を処理して、場所が移ると時間を巻き戻して…といった形式なのですが
一気にたくさん読める単行本であれば場所ごとにカタを付けるのではなく、途切れるシーンがあっても時間軸順の方が良いかな…と。
逆にバラバラに散らばったエピソードを纏め読み出来る構成にしたり。

それからパンプキンの世界観に関わる大事な話が出てくるのですが、
そのシーンを出来れば15巻16巻の2冊に分けるのではなく
一冊に纏めたい…という気持ちがあります。



つまり、本来15巻に収録されるはずの数話が16巻に移るので
その結果、15巻は発売が遅くなってしまっている訳です。
(そして16巻は逆に数話分の補充がされるので早く出る訳です)



つたない文章で分かりにくい説明になってしまってすみません。



ともあれ、15巻は年末か年始
16巻はそこから半年はかからないかな…といった感じです。



単行本を楽しみにしてくださっている方々には
お待たせしてしまい、本当に申し訳ございません。
15巻16巻ともに、少しでも早くお届けできたらと思います。
それでは失礼いたします。


posted by dynamite at 08:31| Comment(13) | TrackBack(0) | 岩永亮太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく読ませて頂いております。

本誌も月マガプラスもコミックスもとっても楽しみです!
ヒロインの上司、すごく気になります・・・!
少し疑問なのですが外伝の方はコミックスには収録されるのでしょうか?

これからの季節、朝夕冷え込んでまいりますのでくれぐれもお身体にはお気をつけください。応援しております。
Posted by mkm at 2011年09月27日 21:16
いつも続きを楽しみに待たせて頂いています。
どのお話にも、とても感じ入る言葉や場面がありますが、やはり1つの話としてみたときのカルッセル編は一番完成度が高く、濃い内容で大好きです。
これからさらに物語も動きそうですし、単行本派としては、つづきをとても楽しみにして待っています。
Posted by ボタ落ち at 2011年09月28日 03:56
お久しぶりです!
お元気そうでなによりです。

外伝とは、それは楽しみです。
作品の世界観を広げるのに、凄く役に立つ場合が多いですから、画遺伝と本編の両方で、「パンプキンシザーズ」をより高めて行けると良いですね!

単行本も楽しみにしています!
ではでは、ご自愛を。
Posted by 猫震 at 2011年09月30日 00:32
そろそろ発売の時期かな・・・?と、よく駅前の本屋に立ち寄っては「あ、まだ売ってない・・・」と落胆してたんですが、ブログを見て感動がこみ上げてきます。やっときた!待ってました!って。
本当に待ち遠しかったです。
私は単行本派なので、じっくり仕上げ、出来あがった物が好きです。
だから時間がかかってもいいんです。

これから、もっと寒くなってきます。御身体には気をつけて頑張ってください。
Posted by リョウ at 2011年10月09日 23:00
>mkmさん
 収録されるかどうかは、確かにとても大事ですよね。
 パンプキンの外伝に関しては、
 (今のところ)本編シリーズの単行本に収録する予定はありません。
 予定が無い、というよりは未定の部分が多いという感じです。
 外伝に関しては単行本派の方も雑誌を読んでいただく方が安全かも知れません。
 

>ボタ落ちさん
 カルッセル編は3冊ですが、この会議編はその倍(6冊)前後になる予定です。
 13巻から会議が始まり、ちょうど次の15巻・16巻が折り返し地点…
 一応、最後までのプロットは出来ているのですが後半は大ゴマなども入ってくるので
 巻数の増減はありそうです。(でも多分、増えはしても減ることは無いかと…)
 何の関係も無いような台詞が、後半の仕掛けとなって活きてくる予定です。予定です。


>猫震さん
 お久しぶりです、まだまだ海のものとも山のものともつかない外伝企画ですが
 猫震さんも仰られるように本編と高めあう意味で、この企画を活かしたいと思います。
 この際(と言ってはなんですが)本編ではあまり使わないようなコマ割りなども、
 色々試して漫画を描く上での新しい経験を積めれば…とも期待したり。
 何より「一話完結の話」を久しく描けていなかったのでありがたいです。


>リョウさん
 寛容なお言葉ありがとうございます。しかしそれでもやはり今回は
 大変お待たせしてしまっています…ご期待に応えられるよう頑張ります!
 私も、読者側になると単行本派で、待つ側・待たされる側の気持ちがヒシヒシと…。
 16巻は早く出る予定です。外伝に関しては今の所、単行本収録など一切不明なので
 もし書店で見かけましたら、マガジンプラスを宜しくお願いいたします。



それでは失礼いたします。
Posted by 岩永 at 2011年10月15日 20:21
十五巻とても楽しみにしています!!
講談社の11月の新刊情報に無かったので、
色々調べていたらこのサイトにたどり着きました。
気長に待ってますよー
Posted by う at 2011年11月06日 18:32
>うさん
 ありがとうございます。
 発売は今のところ年始が濃厚な感じです
 (一応…あくまで一応…)
 手の取られた時にご満足いただけるよう頑張ります!


それでは失礼いたします。
Posted by 岩永 at 2011年11月10日 06:17
初めまして、今晩は!
マガジン+、読みました!
とてつもない淡い気持ちがこみ上げてきますっ!胸キュンですっ!(笑)
伍長も含め、背の高い子はなぜかすごい可愛いです///
ペリオさんがヒョイっとされたときは読んでいた私も
リーン ゴーン してしまいましたっ…!
それにしても伍長は何気にモテっモテですねっ
3課に配属してからモテキですかね?(笑

それから、違和感なく購読していたのですが、なんと岩永先生が描かれた作品ではないのですか!!
ブログの記事で初めて気づきました…。
先生にはこのような素晴らしいアシスタントさんがおられたのですね…///
…私もお忙しい先生のお手伝いがしたいです///←

それでは大変な長文失礼しました。
手が悴む季節になってまいりましたが、負けじと頑張って下さいっ!
Posted by アルカパ at 2011年11月12日 01:12
発売延期ということを店頭で聞き、めぐり巡ってここまで来てしまいました。
本誌のほうはお財布の都合で買うことが出来ませんが、単行本を第一巻を買って以来、毎回楽しみにしています。
寒い季節になりましたが、風邪などお召しにならないよう、お気をつけくださいませ。
Posted by 遠 at 2011年11月23日 18:51
いつも楽しく拝見させて貰ってます。
まだかまだかとずっと発売日を検索してました。
単行本派なんで、半年に一回の発売日が待ち遠しいです。
Posted by BIGPAPA at 2011年11月24日 02:29
なるほど何で単行本でないのかなーと思って、
確認にきたらそういうことだったのか…
気長に待っていますので、先生の書きたいように書いてください。
マガジンプラスの方は未チェックだったので読んでみますね。
ここの所、寒い日が続いていますので御自愛ください。
Posted by マグ at 2011年11月25日 05:16
コメント頂けたのに、長らくお返事出来ずにいて申し訳ありません。

今回15巻は発売日の伝達ミスなどにより
発売延期…というより、本来発売予定がない日程の告知で
読者さんや書店さんに大変ご迷惑をおかけしてしまいました。

誤まった発売日が書店さんに告知されていると分かった時点で
編集部に訂正の通知をお願いしたのですが、それも行き渡らず
足を運んでくれた読者さんにも
そういった読者さんに入荷が無い旨を伝えねばならなかった書店さんにも
誠に申し訳ない事をしてしまいました。

もはや、適切な時期を逃してしまいましたが、誤った発売日に関して
判明した時点で即座にきちんとした謝罪が必要だったのではないかと
反省と後悔の中、思うばかりです。

もしかしたら編集部が作者のテンションを下げないために伝えていないだけで
編集部・販売部の担当の方々は、正式な謝罪を方々にしてくださって
知らぬは作者ばかりなり…と言う事なのかも知れませんが、
それならそれで、加えて両部署にも申し訳ありません。


この度は、誠に申し訳ございませんでした。

                    岩永亮太郎
Posted by 岩永 at 2012年01月13日 09:14
はじめまして、パンプキンの大ファンです!!

半年ごとの楽しみにしていてよく読み返しています^−^

15巻はあっという間に読んでしまいました〔笑〕

装甲列車編の伍長の無双乱舞がお気に入りです^−^

今後も伍長の無双乱舞が早く見たくて仕方ありません><

これからも、微力ながら応援しています!

体に気をつけてくださいね^^

16巻は過去を読み返しながらのんびり待ってます〜

ホームセンターに行くとワイヤーカッターを眺めながらマルマンチェ

ーダを再現できないかと妄想しています〔笑〕
Posted by 3.7cm対戦車砲 at 2012年01月23日 23:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。