2013年06月15日

17巻発売です!

いつもギリギリですみません、
週明け17日に単行本発売です。とらのあなさんで特典付きます。

ご無沙汰しております。
本当にご無沙汰しております。
本当に…。

ここの更新が来たという事は、
単行本の発売時期なのですが、
今回もありがたい事に、とらのあなさんで特典カードが付きます。
ありがたや。


今回単行本化にあたり
編成の都合上、本誌連載分から
削除した扉ページやコマがりますので、
単行本派の読者さん用に、後日(おそらく原稿が終わる月末くらいに)
そのページを、ブログにアップしようと思います。

まぁほんとに1〜2コマなんですが。

前回ほどではありませんが、今回もやや分厚い単行本になりました。
紅茶とクッキーを用意して
休憩を挟みつつ読んで頂くというのも良いかも知れません。

収録は先月号分(13年6月号分)までとなりますので
現在発売中の今月号は、そのまま新刊17巻の続きとなります。

続きと言うか、インターバルですが…。すみません。


もっと大量に描ければ良いのですが、
本当にスピードというものは大切ですね。
本当に。

何ヶ月か前の月マガの目次コメントで「怖い物は?」という質問に
「ネタ被りが怖いです」と答えたのですが
スピードが遅いと、ドンドン後出しになって
ネタ被りの恐怖心が増えていく一方です。


ネタ被りを気にする姿勢というのは
稚拙な猜疑心であったり、
自意識過剰であったり、
それはもう
他人様の目には大変お見苦しく映るとは思うのですが
古今東西プロアマ問わず、
どうにも拭いきれない
物書きにとっての悲しい習性ではないかと思うのです。
(もちろんドッシリと構えて、揺るぎ無い姿勢の作家さんもいらっしゃいます)


作家さんのコメントで

『実は〜の頃から、構想を練っていたのですが〜』

…という風な前置きが、妙に強調されている場合、
ひょっとすると、その作家さんは同じように
この悲しくも切ない習性に囚われているのではないかな〜なんて。
※(あくまで僕の勝手な思い込みです)



さて。
それはさておき。


実はカルッセル編の頃から構想を練っている企画があるのですが―――


hg01.jpg




・・・なんて下らないオチを引っ張ってすみません。

実は私はクトゥルフ神話が(正確には、そのTRPG)が大好きなんですが
ならその「好き」という気持ちで物語を描いてみてはどうだろうかと、
(他にも幾つか理由はありますが)
原稿の合間にチマチマと資料集めやら設定づくりを始めたんですが

昨年になって、前述のような『これネタ被ってない?』的な稚拙な習性に
非常に強く囚われてしまって、一度放棄…しかけたんですが
やっぱり(チマチマですが)数年間の作業が水泡に帰すのはあまりにも忍びないので


「難しく考えるのはパンプキンだけにして、気楽に描く題材があってもいいのかな」なんて。


何の確証も無いのですが、仕事以外の絵(落書き)を描くことが
スピードアップ含め、今の自分に何か変化をもたらしてくれるんじゃないかな〜なんて
甘い事を考えたりしてしまうのです。


何か凄く恥ずかしい迷走をしている気もしますが
時々変な落書きがアップされていたら
「結果的にパンプキンシザーズが良くなるかも」なんて
生温かい目で見守って(時には見過ごして)下さると幸いです。


ともあれ、今は目の前の〆切に向けて
全力投球です。
相も変わらず絵柄が安定せずごめんなさい。


posted by dynamite at 20:49| Comment(9) | TrackBack(0) | パンプキン・シザーズ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アニメでパンシザに嵌り単行本派の者です
17巻がもう少しで見れると思うと凄く嬉しいです!!!
今回の表紙も凄くカッコイイですハンクス大尉大好きなので思わず変な声が出ました!!
いつも一冊の内容が凄く濃く、読み応えが半端無くて
続きが楽しみな単行本NO.1です!

ネタ被り、最近だと特に気にされる方は多いですよね
ただ一読者としては、作家さんの「描きたい」ままに描かれた作品を
是非拝見したい、と思ってしまいます

明日が楽しみ過ぎて今日一日辛いですが
パンシザ読み返して万全の状態で17巻を手に入れたいと思います!!
最近暑さが増してきましたが、どうかお身体ご自愛しつつ頑張ってください
心から応援しております!
Posted by 斉藤 at 2013年06月16日 10:52
米買うついでに17巻を…と思ったら一日早かったようです
明日は回天と共にとらのあなにて購入します!
Posted by パンジャンドラム at 2013年06月16日 23:06
お久しぶりです。
17巻、購入して読ませていただきました!

……最高でした…!!
今までのあらゆる流れが一つに集結して、その上で描かれる大反撃と大立ち回りは、見ていて胸が熱くなり、涙が流れました。

本当に、素晴らしい作品をありがとうございます。
この漫画が、大好きです。


そして、落書き的な絵、楽しみにしてますね!
先生も気晴らしになって、こちらも絵が見れるなら、これはもう良い事しか無いです!
とはいえ、本当にお気が向いた時だけで構いませんので!

ではでは、これからも応援しています。
Posted by 猫震 at 2013年06月18日 04:17
17巻発売お疲れ様です。この物語は出てくる人々一人一人が大変魅力的で観ていて面白いです。今回一番気になったのは実はテロの行く末とかではなく17巻の最後ら辺に出て来たクレイモア・ワンの隊員の1人が変○紳士達の集会[地研会]参加者であるのが分かり他のメンバー、特に[妹に死す・シスシス]の執筆者が誰なのかが一番気になりました(笑) 後心配なのは自分の幸せすら手に入れようと頑張らないアリス少尉が他人の幸せのために力を貸そうと決意する様がえらく滑稽でこのままだととてもつまらない存在になってしまわないか心配になりました、自分は人殺しなんだと思っていても幸せになりたいと願い諦めず頑張る伍長の方が今は観ていて感銘を受けます。
Posted by Wカンプ at 2013年06月18日 23:07
先生!お久しぶりです!!17巻お疲れさまでした!!
本誌でもそうでしたが、アリスの登場で涙し、またアリスの覚悟の瞳で別の意味で泣かされました。
時間軸で並べられた事で内容が整理されていてとても読みやすく、雑誌では印刷の関係でつぶれて見えなかったところも隅々までみることができてとても嬉しいです!
今回の巻は特に、物語としてもですが、人として「お前はどう考える?」と問われているようで、考えさせられました…。
これからも何度も何度も噛み締めて読みたいと思います。
そんな先生の脳の中身を常々覗きたいと思っている者なので、仕事以外の絵もそのお話もとても興味があります。
他にも先生の好きな映画とか、影響を受けた本とか人とか…そんなことまでも気になってしまいますので、アップしてくだされば嬉しいです。

例えネタが被ったとしても、先生にしか描けない切り口で描かれることと思いますので、お気になさらずエイスちゃんのように突き進んでいってください!
そしてエイスちゃんかわいいです。ギャップにやられました!
彼女の目の色は何色なのでしょうか?
宝石のように変色するのでなく、左右で色が違う…という受け取りで合っていますでしょうか。
お教えいただければ幸いです。
これからも応援しております。
Posted by ミドリ at 2013年07月02日 00:45
いつもお疲れさまです。そして17巻発売おめでとうございます!
そしてこれからも応援しております!

久しぶりの更新を確認し、「いつのまにか最新刊が発売されていた!?」ことにまず驚きました。
後日、すぐに書店で購入致しました!

現在就活中の私、唯一の励みです。
軍事物!戦車!装甲列車!もう大好物すぎて仕方ありません。

さて、気づけば夏になり気温も高くなってまいりました。
お身体に気を付けて、これからもご清栄であることをお祈り申し上げます。
Posted by リョウ at 2013年07月10日 13:07
ネタ被りに関する話
いつも作品を読ませてもらっています。
ネタ被りを気にされているようですが、作品ファンならネタ被りは分かってもあまりに気にならない気がします。意図的でなければ。もしくは、意図的でもきちんと意図が正しければ。
無論、ネタ被りは喧嘩になりますが、こういう話があります。
※だいたい人間似たり寄ったりのものが存在するのだけど、それをきちんと吸収して、その作者の名前すら忘れてしまったら、それはあなたのオリジナルだ。(というか完全に真似はしないと思われる)
今までのスタイルを貫いていれば、大丈夫。そんな気がします。頑張ってください。
Posted by 治空仙人 at 2013年07月25日 16:05
いや
本当にパンシザ好きすぎます!!
画力などは良くわかりませんがとても読みやすく好きです!!これからも頑張ってください!!
Posted by ふーりん at 2013年11月07日 21:45
ハーケンマイヤーに感動しました。かっこよすぎます!
Posted by ダンベル at 2013年12月14日 13:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。